スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CVについて [4:3アス比編]



どうも。まじめな更新は一年二ヶ月ぶりのzousanです。
そして最近改名しました、Julia(ジュリア)と言います。
改名のきっかけは気分ですが、僕もいい加減良い感じのコテハンにしたかったんですよね。

さて、
今回は久々な更新なわけですが
CVを制作するにあたって自分が勝手に意識していることを書いていこうと思います。
これを見て急激に編集が上手くなるわけではないですので、あくまで僕がこれだけは守ってCV作ってるよというものです。
また、トランジションやらレイヤーやら専門っぽい細かいことは今回は言いません。

これは、これからCV作ってみたいけど、どういうことを意識すればいいのか分からない。また、CV作ってはいるけど確認しておきたい。という人。
そして自分用に書くので、興味がない人やもうそんなの当たり前だよという人は適当に流し読みで構いません。
大体のことはLotusさんのブログといっていること同じですが、それも大事だから被るわけであって話すことがないということではありません。
(実はこれを書いている最中にLotusさんのブログを知りました。自分の動画が紹介されていて驚きでした・・・!)

ということで今回はこちらを一気に紹介しちゃいたいと思います。

1.CVを作るにあたって
2,BGMがCVの要
3.動きは基本なめらかに
4.動画の切り替わりが編集者の勝負
5.無駄は少なめに
6.最後に

少し長いかも知れませんが通学・通勤、暇なときに見てくれると嬉しいです。

では、追記から

1.CVを作るにあたって

はい、
こんなかしこまって言っていますがそんなに難しいことではありません。

簡単にいうと、
かっこよければ何してもいいんです。
変にこうしなきゃいけないみたいな意識は持たなくて結構です。
下手するとその先入観のせいで面白みのない編集になってしまうかもしれません。
自分がこうしたい!!ああしたい!!と思ったとおりに作ればいいのです。

だからと言ってそのまま作ろうとしてもだめです。
自分、又は他の閲覧者にこれ良いって思われるためにはそれなりの技術と注意が必要になります。
今回はアス比4.3のCVを作るにあたってこういうことを意識すれば自分のCVがよくなると思うことを書いていきます。


2.BGMがCVの要

そうなんです。CVはBGMがかなーり大事なんです。
先日ツイッターでも言ったのですが、個人的にCVに使うBGMは歌と同じでAメロBメロサビが入ってる曲が僕はいいと思います。
理由としては、見ていて聴いていて飽きないからですね。
同じような曲調が続くとまだ終わらないの?と見ている側に飽きてしまいます。
なので起承転結がはっきり分かる曲が一番使いやすいと僕は思います。
サビがなくて良いと思ったのはFUFU氏のJaunty Foolくらいしかないですね。あれはサビがない分抑揚に欠けるのですが、それををおぎなうくらいの編集力とセンスがあってのものです。 (しかも4:3CVではない。)




また、CVを作るとき一番最初に曲を決めると思いますが、初見で聴いたときに大まかでいいので頭にこんな感じの動画になりそうというイメージをつくるのが大事だと思いますね。
これをすると、作っているときに動きをつけやすく出来ると思いますよ。

あと曲が良いと曲に負けない編集にしようと意識が高まる可能性があります。
見ている人のペンスピモチベをあげる為にはまず自分があがるような編集にしなきゃいけませんね。

BGMはテーマを決めるとても大事な要素です。
選曲の際は妥協せず慎重に選びましょう。


3.動きは基本なめらかに


動画やその他の物を動かす際は基本的に滑らかにすることを意識したほうが良いでしょう。
詳しくは次の4でも言いますが、全体の動きに関してはこっちで説明していきます。
例えばOPを作る際、音楽の題名や企画番号、編集者名、動画のタイトルなどをいれると思いますがその時文字出しがカクカクでは見ている側は気持ちよくありません。
では、どのようにして滑らかにするかというと

あ

これを

い

う
このような動きにしていくのです。
なに言ってるのかわからない!!!
という人のために動画を作っておきました。





という感じですね。
動画だとよく動きが分かると思います。
こういうことを言っているのです。
動きを凝ることによってみる人に不快感を感じさせないことが出来ます。
また、急に動いて最後滑らかに落ち着くと人間「おぉ」と感じることが多いです。

物や動画を動かす際はこれ見ていて気持ちがいいという編集をしましょう。


4.動画の切り替わりが編集者の勝負


そうなんです。
僕個人の感想なんですが
CV本編で編集かっこいい!って一番思うのは動画の切り替わりなんです!!
別にこだわらなくフェードでいいじゃないと思う人は少なくないはず。
ですが、切り替わりはOPと文字出し以外で編集者の個性をだすいい機会なんです。
4:3CVの本編はほぼCV出演者が画面を占めてしまうのでどうも個性が出しにくいですが切り替えしは音楽に合わせやすいし動画的にも個性が出せるよい瞬間なのです。
1秒もないかもしれない瞬間にアホみたいに時間かけるのはどうなの?と思うかもしれません。
しかし、その1秒も大切なポイントでありCVの一部なのです。
そこで、参考になる動画をいくつか紹介させていただきます。


(2:18秒から2:25あたりまで。 3:27あたりの切り替え等)
さすがLotusさんです。
スピナーをロゴっぽくしたりフォントで切り返したりとアイデアだらけですごいです。
ジャペン6を初めてみたときから憧れていましたが最近の編集はもっと好きですね。
機会があれば編集のことなどで通話してみたいです。



(最初から最後まで)
Noel氏のCVは僕がペン回し始めたころからずっと見ていて編集を始めようと思ったきっかけでもあります。
Rebootはシンプルな編集を活かしてさらっと切り替わっていますが今までにないような変わり方で僕の中で何かが変わるようなしました。



(0:31あたり等)
TMrW氏編集のジャペン10ですね。
ジャペンなのでFSの邪魔にはならないよう細心の注意がはらってありますが、その中にもしっかり個性が出ていると思います。
光がテーマなので光のエフェクトを多めに切り替えしや文字出しをしています。
又、3でやった滑らかに動かすということを推しましたがまさにそのお手本。
文字出し、カメラワーク、OP・EDのすべてにおいて違和感のないFSを最大限に魅せられる編集だと思います。
FS、音楽、動き、エフェクトをテーマにあわせてしっかりあわせているのが流石ジャペン編集者ですね。

最近の4:3CVではこのくらいでしょうか
編集がすごい!と思える人はやはりこのような一瞬でさえ凝るんですよね。
僕も何回もみてこれに気づきました。

動画の切り替えしはこのように次の動画の期待値をあげると同時に編集の個性を活かせる場所なのです。


5.無駄は少なめに


じゃあバンバンエフェクトをいれていってよいモーショングラフィック映像にしよう!!
というわけではありません。
確かに、PVを作るならそれでいいのかもしれません。
しかし、これはあくまでCVなのです。
ペン回し>編集
これを忘れてはいけないのです。

じゃあどうすればいいの?というお話ですが
無駄なところを削ればいいのです。
どの辺が無駄なのかというと、テーマにそぐわないけど入れたいかっこいいエフェクトや関係ないところでの動きなど色々あります。

こういうのは削除してしまいテーマにあわせペン回しに集中できるような編集が出来ればいいと思います。


6.最後に


長くなりましたが最後です。

ここでおさらいですが
BGMを慎重に選び、動きをつかみながら自分の個性を出していくことだと思いますね。
僕自身はそんなに編集上手くないですが、言うなればやはりうまい人のCVを良く見ることが大事だと思います。
色々なCVをみることでこうすればいいんだ、こういうテーマにしていくんだ、切り替え・文字出しももっと凝ってみてもいいんだ!と色々勉強になるとおもいます。
たくさんみて、たくさん作るのが一番ですね!!
これを見ているみなさんもたくさんのことを考えてほしいので書きとめました。
まだ書き足すかもしれませんがとりあえずこれで終わりにします。
CVを作りたくなった!けど作る工程がいまいちわからない・・・と言う方はLotusさんのブログに詳しいことが書いているのでそちらをお読みください!
URL:http://sikaipiano.blog33.fc2.com/blog-entry-407.html
また思うことがあれば色々書くかもしれないので是非お待ちください。

では。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。